全身脱毛 料金

全身脱毛ではvio脱毛が含まれている?

最近では、脱毛のプロにお任せするのが一般的になりつつあるvioパーツです。
vioとはvライン(身体の正面から見えるデリケートゾーン上部)、iライン(性器周辺)、oライン(肛門周り)と呼ばれる部位です。

 

全身脱毛をサロンで行った場合、vioが施術部位に含まれているかどうか、これでコスパが変わってくることもあります。

 

全身脱毛と書かれていても、本当に全身くまなく施術をしないサロンもあるのです。
特に除外されてしまいやすいパーツとして、顔やvioが挙げられます。

 

デリケートゾーンも施術しますというサロンも、脚の付け根のvラインのみというところもありますね。

 

人気サロンの全身脱毛コースでは、vioパーツの処理がどうなっているか確認しましょう。

 

キレイモ 含む
エタラビ 含む(ただし10部位選択コースでは選ばないと含まれない)
シースリー oラインが含まれない
銀座カラー 含む
脱毛ラボ 含む
エピレ 全身脱毛はLパーツ12部位、Sパーツ12部位から選ぶ。Vioが細かくわかれているため、すべて処理するならLパーツ3部位、Sパーツ2部位になることに注意!
ミュゼ 含む(ただしライトコースではAプランでないと含まれない)

 

全身脱毛のコースとしては料金が安くても、顔やvioパーツを別料金で施術すると、合計金額が大きくなってしまうことがあります。
vioパーツは痛みを伴うことが多く、出力をあまり上げられません。

 

そのため、施術完了の回数が多くなってしまうことがあることにも注意です。
コースに含まれていないことで、余分にかかる金額がどれくらいなのか確認する必要があります。

 

vioパーツは、施術を受ける方によっても、仕上がりの希望での差が大きくなるものでしょう。
まったくムダ毛のない状態にするのか、軽く自己処理は必要な程度にするのか、下着や水着から出ないようにするのか、といったことでも施術回数が違ってきます。

 

全身脱毛にvioパーツが含まれているかどうかで、脱毛料金の総合計に大きな違いが出てくるでしょう。
コスパのよいサロンを探しているなら、要注意の点です。